木次線 おろちループ展望台など 2020年1月13日

紅葉の時期以来、久しぶりに木次線の撮影に行ってきました。

今日の機材は
α7RⅣ(手持ち)
FE 24-105mm F4 G OSS
645Z(三脚)
smc PENTAX-FA645 33-55mmF4.5AL

おろちループ展望台付近からスタート
今年は暖冬で雪が少なく今日も枕木にうっすら積もっている程度でした。
道の駅おろちループ
オフシーズンで雪も積もっていないのですが同業者さんを何名かお見かけしました。
油木~備後落合
「キラリ」
太陽光がスポットライトの様に列車にあたって一瞬、眩い光を放ちました。ホントはここで、いつもの出雲坂根俯瞰に行くはずでしたが、旧道が通行止めになっていました。
入り口にカラーコーンのバリケードがされ車が入れなくなりました。
今まで雪で通行不可状態でもバリケードがされたことはなかったので、道が崩れたのかもしれません。
思い当たる場所が有ります。
今後、通れるようになるのか不明です。
歩いては行けそうですが、列車の通過には間に合いませんので今回は撮影断念しました。
結局、道の駅おろちループに戻って2カット撮影しました。
今日は空気が澄んでいて、ヌケが良く列車は小さいながらハッキリ捉えることができました。いつもの場所
曇ってきました。帰りに空が良い感じだったので寄ってみました。
宍道湖です。
嫁ヶ島と一畑電車5000系 しまねの木じゃない方です。
「電車どこ~???」状態です。
焦点距離は85mm
さすがにこれでは一畑電車マニアでも車両の区別はつかないでしょう。
上の写真を限界までクロップした物です。
一畑電車5000系、確認できましたでしょうか。
実は私も肉眼でも分かりませんせした。
「白っぽいので、7000系?5000系?楯縫号?」
撮った後ファインダーで拡大表示して初めて5000系と確認できました。
今日は風が強い日でした。

この記事はきまぐれ鉄道写真に投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントとトラックバックは現在受け付けていません。
  • 忍者admax

  • ショッピング

  • 楽天

     

  • 国産鉄道コレクション

  • 鉄道関連書籍(新刊)




  • プロの撮り方





  • 鉄道伝説

  • スポンサー

     

  • げん玉

  • 時刻表


  • 鉄道ファン





  • 鉄道ジャーナル





  • 鉄道ピクトリアル

  • 鉄道ダイヤ情報

  • Rail Magazine






  • 旅と鉄道