カテゴリーアーカイブ: きまぐれ鉄道写真

鰐淵寺の紅葉 カメラの練習 2018年11月18日

鰐淵寺の紅葉をカメラの練習も兼ねて撮りに行って来ました。

今日の機材は
645z
D FA645 55mm F2.8AL[IF] SDM AW(手持ち)鰐淵寺
FA645 80-160mm F4.5(三脚)湖遊館新駅俯瞰

鰐淵寺は三脚持ち込み禁止ということで手持ちで撮影しました。
紅葉はちょうど見頃を迎えていました。
手持ちですので、シャッタースピードを早くして手ブレの影響を軽減する為、ISO1600で撮影しました。三脚が使えれば、 ISO400程度にしてピントはライブビューで拡大して合わせてやれば、もっと高画質が得られた事でしょう。中判カメラの被写界深度はフルサイズ機 と比較して約1段浅いのでパンフォーカスにするには、その分絞ってやる必要があります。
私はまだ感覚が掴めていませんのでイメージ通りの写真を撮るにまだまだ練習が必要です。
RAW現像耐性が強い所も中判カメラの良いところです。
かなり大胆に編集しても破綻が起きにくいです。
こちらは紅葉がまだ進んでいません。  観音滝にも行ってみましたが水が殆んど有りませんでした。帰りに、湖遊館新駅俯瞰に寄って2本撮影しましたが、曇空で残念な写真になりました。
FA645 80-160mm F4.5の動作確認も兼ねています。
特に欠点もなく動作確認OKでした。
描写についてはもっと色んな環境で試して見ないと分かりません。

カテゴリー: きまぐれ鉄道写真 | コメントは受け付けていません。

道の駅 ゆうひパーク三隅など 2018年11月17日

今日は晴れを求めて西へ繰り出しました。
山陰線迂回貨物の時以来、久しぶりにゆうひパーク三隅へ行ってみました。

今日の機材は
645z(三脚)
FA645 150-300mm F5.6ED[IF]+1.4Xテレコン
D FA645 55mm F2.8AL[IF] SDM AW

最近、機材の一部をマウント替えしました。
オリンパス(マイクロフォーサーズ)を売却しペンタックス(645マウント)を購入しました。
マイクロフォーサーズに不満が有ったわけではないのですが、中判カメラを使ってみたい衝動に駆られ買い替えとなりました。
さて吉と出るか凶と出るか・・・

取説を一通り読み、初期設定など適当に済ませ、いざ出陣。
大麻山展望台よりゆうひパーク三隅を俯瞰撮影します。
迂回貨物の時は、大勢の人で賑わった場所ですが今日の撮影者は私一人です。
レンズはFA645 150-300mm F5.6ED[IF]。
古いレンズですが、なかなか良く写っています。

下山途中で柿の畑を発見。
カメラとレンズの性能を試すにはもってこいの被写体です。
レンズはD FA645 55mm F2.8AL[IF] SDM AW
645マウントの中では比較的新しいレンズ。
素晴らしい写りです。
ゆうひパーク三隅へ
三脚を立てている途中で列車が来た為、慌てて手持ちで撮影しました。
レンズは、さっき柿を撮ったレンズのままです。
気を取り直して、三脚を使って構図を作って撮影しました。
キハ187のステンレスの車体がギラリ。
帰りに、五十猛へ。
日が沈んだ直後、暗かったのでISO3200まで上げましたが、ノイズは気にならないレベルです。
645Zは、連射は秒3コマしか出来ずAFも遅いですが、画質はフルサイズ機より間違いなく上です。

カテゴリー: きまぐれ鉄道写真 | コメントは受け付けていません。

木次線 奥出雲おろち号 出雲坂根 俯瞰など 2018年11月11日

3週連続で木次線です。
今年は、季節の移り変わりを記録するため、同じ撮影地で撮影する試みです。

Nikon D4S(三脚)
タムロンSP 85mm F/1.8 Di VC USD (Model F016)
α7RⅢ(手持ち)
FE 24-105mm F4 G OSS

出雲坂根俯瞰からスタート
今日も始発列車からの撮影ですが寄り道をした為、下段の通過には間に合いませんでした。
油木~備後落合
手前にあった、もみじはすっかりなくなってしまいました。出雲坂根俯瞰に戻ってきました先週と比べると、枯れ木が目立つ様になって来ました。 おろち号
同業者さん誰も来ず一人での撮影でした。
おろちループ展望台 今日はここで撤収です。

カテゴリー: きまぐれ鉄道写真 | コメントは受け付けていません。

木次線 奥出雲おろち号 出雲坂根 俯瞰など 2018年11月3日

今週も木次線に撮影に行きました。
今日は山陰地方では珍しい快晴です。

先週は適当に機材を持っていきましたが今回は撮影地に適した機材で撮影します。
今日の機材は
OM-D E-M1 MarkII(手持ち)
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
Nikon D4S(三脚)
タムロンSP 85mm F/1.8 Di VC USD (Model F016)
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR

アスペクト比
3:2はD4S(フルサイズ)
4:3はOM-D E-M1 MarkII(マイクロフォーサーズ)アートフィルター :ポップアート

いつもの様に出雲坂根俯瞰からスタート。
今日は始発列車から撮影します。
先週よりも紅葉が進みました。
来週、再来週は紅葉がもっと赤くなると思いますが、今度は枯れ枝が目立ち始めるので、私的には今週が ベストだと思います。この時間帯スノーシェードは影になってしまいます。半逆光気味で、このアングルでは陰影が出ていい感じです。 始発を見送った後、次の列車まで時間があるので、油木~備後落合の定番撮影地へ。
こちらは、枯れ枝が目立ちます。どうやら旬は過ぎたようです。
出雲坂根俯瞰に戻って来ました。晴れていても雲があるとマダラになることが多いですが、今日は回避出来ました。 普通列車を撮った後、焼き鳥をを買いに出雲坂根駅へ行き、おやつタイム。
そしてまた戻って来ました。
下段通過時点で雲が出てしまい影が出来ていました。 昼食後、おろちループの道の駅へ 。
道の駅は満車の状態で入場するまでしばらく待ました。
列車の通過にはなんとか間に合いましたが読みが甘かった・・・
先週の撮ったこの場所、道の駅おろちループから追っかけ撮影が可能です。が・・
午前中に場所取りをしておいたのですが 、おろちループ展望台の駐車場が満車で撮れませんでした。
先週はガラガラだったのに・・・
代わりに出雲坂根駅でおろち号と交換した普通列車を撮影しました。
下久野駅付近
先週とあまり変わっていません。
帰り道、宍道湖の夕日が綺麗だったので寄り道。
夕日の光を浴びた一畑電車。
中央やや右に飛行機が写っています。
センサーのゴミではありません。

カテゴリー: きまぐれ鉄道写真 | コメントは受け付けていません。

木次線 奥出雲おろち号 出雲坂根 俯瞰など 2018年10月28日

朝起きてから思い付きで木次線の撮影に行ってきました。
昨日、広島に持っていった機材がカバンに入ったままになっていたのでそのまま持っていきました。

今日の機材は
α9(手持ち)
FE 24-105mm F4 G OSS
α7RⅢ(三脚)
FE 70-200mm F2.8 GM OSS

出雲坂根 俯瞰へ
いつもここで使用する機材はNikon D4S+タムロンSP 85mm F/1.8 Di VC USD (Model F016)と決めているのですが
今回は手抜きです。
手持ちで広角気味に撮影。
少しずつ紅葉が始まって来ました。
三脚のカメラは縦位置でほぼいつもの構図です。
雲が掛かってしまいマダラになってしまいました。
油木~備後落合
といっても定番の場所ではないです。
試しに撮ってみましたがイマイチでした。
おろちループの展望付近より出雲坂根駅で焼き鳥を買ったついでの1枚下久野駅付近
最近少なくなってきたはで干し(天日干し)が有りました。
近いうちにまた同じルートで撮影します。

カテゴリー: きまぐれ鉄道写真 | コメントは受け付けていません。

第25回 JR貨物フェスティバル 広島車両所公開 2018年10月27日

第25回 JR貨物フェスティバル 広島車両所公開に行ってきました。
2日前の天気予報では雨の予報でしたが、当日は晴れました。
開幕直後の9時半頃現地に到着すると既に行列が出来ていました。

今回はEF66を中心に撮影します。
とりあえず会場をサラッと一周しました。
地元では、お目にかかる事のない車両ばかりです。
車体吊り上げ実演はEF210車両をボカしてみました。 メイン展示のEF66
ヘッドマークの交換が頻繁に行われるので、釘付けでした。
人通りが多かったので、なかなか難しい撮影となりました。
一部だけ載せておきます。
ラスト 私は前で座って撮影していました。
後ろにこんなに人がいたのは気付かなかったです。
撮影終了。

カテゴリー: きまぐれ鉄道写真 | コメントは受け付けていません。
  • スポンサーリンク

     

  • 忍者admax

  • ショッピング

  • 楽天

     

  • 鉄道関連書籍(新刊)




  • 忍者ad

     

  • プロの撮り方

  • 忍者ad

     

  • 鉄道伝説

  • 忍者ad

     

  • スポンサー

     

  • げん玉

  • 国産鉄道コレクション

  • 時刻表


  • 鉄道ファン



  • 鉄道ジャーナル




  • 鉄道ピクトリアル

  • 鉄道ダイヤ情報

  • Rail Magazine



  • 旅と鉄道