出雲坂根俯瞰 雪景色 2019年1月27日

雪が積もっていて晴れ。
遠景で雪景色を撮影するにはベストなコンディションです。
というわけで、出雲坂根俯瞰へ撮影しにいきました。

昨年末以来、約1ヶ月ぶりに来ました。
今日も雪が多く、出雲坂根駅の駐車場から歩いて1時間程度かかりました。

今日の機材は
645Z(三脚)
smc PENTAX-FA645 80-160mmF4.5
α7RⅢ(三脚)(手持ち)
FE 24-105mm F4 G OSS
DSC-RX100M5(コンデジ)

ここがお立ち台への登り口です。
足跡がないので先客はいないようです。
セッティング完了。今日も貸し切りです。セットした後、スマホで運行情報を見てみると狙っていた列車が出雲横田~備後落合間で運休とのこと。
次の列車から運行再開するようですが3時間待ちは無理なので、諦める事にしました。
せっかくここまで来たので列車なしの風景写真を撮ることにしました。
縦位置は645Z
横位置はα7RⅢ30分程風景写真を撮って、片付けて坂を降りているとディーゼルエンジンの音が聞こえてきました。
道路を走るトラックの音だろうと気にせず降りていたら、今度は踏切が鳴り出しました。
該当列車では有りませんが来ないと思っていた列車が来ました。点検用の回送列車と思われます。
慌てて、また坂を登りましたが下段の撮影には間に合いませんでした。
とりあえずα7RⅢの手持ち撮影でスノーシェードに入る所と上段の撮影しました。
AFですので絞り込めず(F16で撮りたい所F11)ピントも甘いですが、一応写っていますので良しとします。なんとか空振三振は回避できて良かったです。
ボテボテのサードゴロで内野安打になった心境です。
風景写真で撮った645Zの写真に列車が写っていればホームランだったのですが・・・
世の中そう上手く行きません。

この記事はきまぐれ鉄道写真に投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントとトラックバックは現在受け付けていません。
  • 忍者admax

  • ショッピング

  • 楽天

     

  • 国産鉄道コレクション

  • 鉄道関連書籍(新刊)







  • プロの撮り方





  • 鉄道伝説

  • スポンサー

     

  • げん玉

  • 時刻表


  • 鉄道ファン



  • 鉄道ジャーナル





  • 鉄道ピクトリアル

  • 鉄道ダイヤ情報

  • Rail Magazine





  • 旅と鉄道