撮影機材

メイン
 ニコンD4S

長所
操作性・堅牢性・連写・AFスピード正確性・ISO感度特性・スタミナ・ダイナミックレンジ・ファインダー見易いなど・・・画質は高画素機に譲る部分も有るが、あらゆる被写体・環境に対応できるオールラウンダー。

短所
デカイ・重い

レンズ
ニコン
AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
ズームレンズとは思えないぐらいの高画質。
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR
良いレンズですがワイド端の歪み(24mm)と玉ねぎボケが弱点。
AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 売却済み
普通に良いレンズ、特に不満なし。が、ほとんど出番なし。
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
画質は普通、AFも速い、暗いけど、とにかく便利。使用頻度が高いレンズ。
AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E ED
歪みを楽しむ魚眼レンズ、歪むが像が流れず解像する。
AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED
解像度、ボケ味、共に素晴らしい。しっとり奥行きの有る写真が撮れる。
AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED
なだらかにボケる、キレキレの解像度、立体的な写真が撮れる。

シグマ
120-300mm F2.8 DG OS HSM 売却済み
テレ端でサンニッパになる。画質は良いけど、とにかく重い(3.5kg)。
50mm F1.4 DG HSM
解像度が良いレンズ。しかしボケが少し硬い。夜にISO感度を抑えたい場合に使用。

タムロン
SP 85mm F/1.8 Di VC USD (Model F016)
手ぶれ補正が有る為、手持ちで結構イケる。タムロン特有の柔らかい描写。

サブ
ボディ オリンパス OLYMPUS OM-D E-M1/OM-D E-M1 MarkII

長所
軽い・手ぶれ補正・防塵防滴・寄れるレンズ・多彩なアートフィルター・ファームアップがスゴイ。
ボケにくいが、逆にそこが長所。レンズの回析現象が起きないF8でパンフォーカスにできる。
豊富な撮影モードで遊べる。
・ライブコンポジット
・被写界深度合成
・ハイレゾショット
・プロキャプチャーモード

短所
ISO感度が弱い。バッテリーの減りが速い。AF外すと戻らない。

レンズ
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO 1.4x テレコンバーターキット
M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 売却済み
M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8 売却済み

手持ちのM.ZUIKOレンズについてはハズレなし。小さくて寄れて良く写ります。
フォーカスクラッチ機構が便利。
不満があるとすれば、一部のレンズでフードが別売りな事とレンズキャップが使いづらい事。

サブ2
ソニー α9

長所
軽い 電子シャッターでローリングシャッター歪みが出ないので動き物にも使える。
電子シャッターの利点
ファインダーがブラックアウトフリー
静音シャッター
シャッタ速度32000/1まで使える
20コマ連写が可能
レリーズで振動がない
省エネ

短所
値段が高い、操作性が悪い(ボタンが小さくて押し辛い、ダイヤル類が回し辛い)

レンズ
FE 12-24mm F4 G
FE 24-105mm F4 G OSS
FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS

マウントアダプター CM-ENF-E1 PRO
(Eマウントでニコンのレンズが使用できる電子接点付きアダプター)
AFの動作スピード共に良好。
ニコンのVR無しレンズでもα9手ぶれ補正が効く。

コンデジ
ソニー サイバーショット DSC-RX100M5

長所
ポケットに入る。ワイド端、開放で撮ると結構綺麗にボケる。コンデジにしてはAF等のレスポンスが良い。

短所
バッテリーの減りが速い。M3から使っていますが、今だに操作性に馴染めない。

この記事はきまぐれ鉄道写真まとめに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.
  • スポンサー

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

日本語の投稿しか受け付けていません

  • 忍者admax

  • ショッピング

  • 楽天

     

  • 鉄道関連書籍(新刊)




  • 忍者ad

     

  • プロの撮り方

  • 忍者ad

     

  • 鉄道伝説

  • 忍者ad

     

  • スポンサー

     

  • げん玉

  • 国産鉄道コレクション

  • 時刻表


  • 鉄道ファン




  • 鉄道ジャーナル




  • 鉄道ピクトリアル

  • 鉄道ダイヤ情報

  • Rail Magazine




  • 旅と鉄道