木次線 奥出雲おろち号 出雲坂根 俯瞰など 2018年4月21日

今日は木次線に奥出雲おろち号を撮影しに行きました。

出雲坂根 俯瞰
三脚にメインカメラ
Nikon D4S+タムロンSP 85mm F/1.8 Di VC USD (Model F016)
手持ちでサブカメラ
α9+FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS+SEL20TC(2倍テレコン)
おろち号の前に普通列車を撮影
去年の同時期よりも木が青々しています。
この撮影地はおろち号よりも1両の列車の方が似合う様な気がします。サブカメの望遠でスノーシェルターを狙う
さすがに、手持ちで800mmは辛いです。
手ブレと解像度低下で酷い画質になっています。
やはり三脚を使わないとダメです。
そして目的のおろち号が来ました。 こちらも スノーシェルターを望遠で狙います。
相変わらず酷い画質・・・
こちらもサブカメ、テレコンを付けた状態で256mm手持ちで撮影。
焦点距離を広くすると手ブレの影響が少くなくなりだいぶマシな画質になりました。
油木~備後落合の定番撮影地へ
川の水が少なく残念な写真になりました。
おろちループの展望台付近より
右上には遅咲きの桜が写っています。枝が被っていますが列車を斜め45度見下ろす理想的な角度です。
さすが定番の撮影地です。出雲坂根駅
駅の桜が満開でした。ここで撮影するのが好きです。
停まっているので私の様なビギナーでも楽に撮影できます。出雲三成駅~出雲八代
たまたま桜が咲いているのを発見したので撮って見ました。
そしておろち号。
被写界深度が浅くて桜がボケすぎです。
もう少し絞れば良かったです。
同じ場所で別のカメラで。
田んぼに水が入り初めた所です、もう少ししたら水鏡になる事でしょう。いつも帰りに寄るこぶしの里駐車場より今日は暑かったです。
道路脇の温度計は32℃の表示でした。

この記事はきまぐれ鉄道写真に投稿されました タグ: , . このパーマリンクをブックマークする。 コメントは受け付けていませんが、次の URL へトラックバックを残せます: トラックバック URL.
  • 忍者admax

  • ショッピング

  • 楽天

     

  • 鉄道関連書籍(新刊)




  • 忍者ad

     

  • プロの撮り方

  • 忍者ad

     

  • 鉄道伝説

  • 忍者ad

     

  • スポンサー

     

  • げん玉

  • 国産鉄道コレクション

  • 時刻表

  • 鉄道ファン




  • 鉄道ジャーナル




  • 鉄道ピクトリアル

  • 鉄道ダイヤ情報

  • Rail Magazine



  • 旅と鉄道