2018年撮り納め 出雲坂根俯瞰 雪景色 2018年12月31日

2018年撮り納めは、出雲坂根俯瞰からの雪景色です。
今年はここにはよく通いました。
特に紅葉の時期は毎週来ていたような気がします。

今日の機材は
Nikon D4S(三脚)
タムロンSP 85mm F/1.8 Di VC USD (Model F016) 縦位置
645Z(三脚)
smc PENTAX-D FA645 55mmF2.8AL[IF] SDM AW 横位置

雪が結構積もっていてましたので、車は出雲坂根駅の駐車場に停めて歩いていきました。
通常、車だと駅からお立ち台まで5分、徒歩だと15分ぐらいで着きますが
今日は、雪が膝上の高さまで積もっていましたので、到着まで1時間程度かかりました。
長靴に雪が入りまくりでした。

お立ち台までの上り坂も同様に膝上まで雪が積もっていましたので
「ここに段差があったな」
「この木の横は崖だったな」
などど記憶をたどりながらなんとか登りました。
おろち号が運行していた時期は
ここに三脚を置いといて追っかけをしたり
焼き鳥を買いに降りたりして1日、3~4回登り下りしていたので、いつの間にか覚えていました。
三脚2台とヘビー級のカメラ2台とレンズを持っていったので、かなり苦労しました。
α7RⅢ+FE 85mm F1.8で手持ち撮影でも良かったかなと・・・
ちょっと欲張りすぎました。
準備を終えると3分程で列車がやって来ました。
ホントに列車が来るのかドキドキして待っていました。
モノトーンの世界です。
広角は中判カメラです。
Web用にかなり圧縮をかけていますので、画像が劣化しています。
元画像はjpegで34MBあります。
カメラの実力を紹介できないのは残念です。列車が小さいので上の写真をクロップしました。いつもの様に3段スイッチバックの上段、スノーシェード、下段の3点セットです。スノーシェードのところにいる列車が見えますでしょうか。見えないという声が聴こえてきそうですので。
こちらもクロップしておきます。
なに?まだ見えない?
さらにクロップします。
まだ??
もう限界です。
 下段こちらは比較的、列車が見え易いかと。一応、クロップしておきます。
手と足の感覚がなくなってきました。
凍傷になる前に撤収です。
帰りにいつもの場所の寄り道です。
朱色を後追いで。
撮影終了後、晴れてきました。
以上2018年撮り納めでした。

今年は三江線廃線や迂回貨物などで全国から鉄道ファンの方が山陰に来られました。
特に迂回貨物では、ゆうひパーク三隅五十猛の撮影地にあんなに人が来るとは思いませんでした。
昔からある撮影地ですが、普段1人で撮影する事が多く人と合う事は滅多に無かったと思います。
ゆうひパーク三隅のハスキー5段の列には驚きました。
いろんな人に出会い楽しく撮影出来ましたありがとうございました。
またどこかでお会いするかもしれません。
来年も気まぐれに撮影して、ぼちぼち更新します。
暇つぶしにご覧ください。
良いお年を。

この記事はきまぐれ鉄道写真に投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントとトラックバックは現在受け付けていません。
  • 忍者admax

  • ショッピング

  • 楽天

     

  • 国産鉄道コレクション

  • 鉄道関連書籍(新刊)







  • プロの撮り方





  • 鉄道伝説

  • スポンサー

     

  • げん玉

  • 時刻表


  • 鉄道ファン



  • 鉄道ジャーナル





  • 鉄道ピクトリアル

  • 鉄道ダイヤ情報

  • Rail Magazine





  • 旅と鉄道