鰐淵寺の紅葉 カメラの練習 2018年11月18日

鰐淵寺の紅葉をカメラの練習も兼ねて撮りに行って来ました。

今日の機材は
645z
D FA645 55mm F2.8AL[IF] SDM AW(手持ち)鰐淵寺
FA645 80-160mm F4.5(三脚)湖遊館新駅俯瞰

鰐淵寺は三脚持ち込み禁止ということで手持ちで撮影しました。
紅葉はちょうど見頃を迎えていました。
手持ちですので、シャッタースピードを早くして手ブレの影響を軽減する為、ISO1600で撮影しました。三脚が使えれば、 ISO400程度にしてピントはライブビューで拡大して合わせてやれば、もっと高画質が得られた事でしょう。中判カメラの被写界深度はフルサイズ機 と比較して約1段浅いのでパンフォーカスにするには、その分絞ってやる必要があります。
私はまだ感覚が掴めていませんのでイメージ通りの写真を撮るにまだまだ練習が必要です。
RAW現像耐性が強い所も中判カメラの良いところです。
かなり大胆に編集しても破綻が起きにくいです。
こちらは紅葉がまだ進んでいません。  観音滝にも行ってみましたが水が殆んど有りませんでした。帰りに、湖遊館新駅俯瞰に寄って2本撮影しましたが、曇空で残念な写真になりました。
FA645 80-160mm F4.5の動作確認も兼ねています。
特に欠点もなく動作確認OKでした。
描写についてはもっと色んな環境で試して見ないと分かりません。

この記事はきまぐれ鉄道写真に投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントとトラックバックは現在受け付けていません。
  • 忍者admax

  • ショッピング

  • 楽天

     

  • 鉄道関連書籍(新刊)




  • 忍者ad

     

  • プロの撮り方

  • 忍者ad

     

  • 鉄道伝説

  • 忍者ad

     

  • スポンサー

     

  • げん玉

  • 国産鉄道コレクション

  • 時刻表


  • 鉄道ファン



  • 鉄道ジャーナル




  • 鉄道ピクトリアル

  • 鉄道ダイヤ情報

  • Rail Magazine



  • 旅と鉄道